同僚がVAPEを愛用しています

職場にヘビースモーカーの男性社員がいます。先日、昼休みに話をする機会があったのですが、その際にVAPEを愛用するようになったと教えてくれました。VAPEというのは、海外はもちろんのこと、日本でも人気を集めている電子タバコです。私もインターネットで見かけてから気になっていたものだったので、同僚に興味深く話を聞いてみることにしました。すると、さまざまな魅力を持っていることがとてもよく伝わってきました。たとえば、リキッドが豊富に揃っていることです。ミントやフルーツなどの香りが用意されているため、好みやその日の気分に合わせて使うことができるることです。また、VAPEは分解ができるから、メンテナンスもしやすいと言っていました。さらに、その特性を活かして、好みでデザインを変えて、おしゃれに利用することができるのも大きな魅力の一つだと教えてくれました。

VAPEのメリットとデメリット

VAPEとは、電子タバコの名称であり、電子タバコ内のカートリッジに入った液体を蒸発させ、煙を吸い込むという仕組みになっています。アメリカではかなり普及をしており、日本ではニコチンが入っていない形式で発売をされています。ここで、VAPEのメリットとデメリットを考えてみましょう。まずメリットは、ニコチンが入っていないという事で、身体に明らかな害がありません。また、液体には様々な味が発売されており、タバコとは違った感覚を楽しむことができます。さらに、費用も充電式のためら紙タバコに比べるともちろん安く抑えられます。逆にデメリットは、ニコチンがただ入っていないだけなので、完全な禁煙効果があるとは言えません。また、ニコチンが入っていないため未成年でも吸う事ができ、未成年者の喫煙を促してしまう危険性もあります。聞こえはとても魅力的なVAPEですが、使用方法には充分に気を付けて、楽しく喫煙をしたいものですね。

おすすめなVAPEの機能

VAPEの機能として初心者にも上級者にもおすすめしたいのが、温度管理機能です。温度を管理することで、ドライヒットと呼ばれるリキッドの味の変化を抑えることが出来ます。ドライヒットすると、煙が辛くとてもまずいものになってしまいます。ドライヒットする原因は、リキッドが供給不足によるコイルの発熱があげられます。また、コットンの焦げによっても発生すると考えられています。これらの問題を解決することが出来るのが温度管理機能です。温度管理機能によってVAPEはさらにおいしく使うことができます。例えば、リキッドの味によって温度を変えることができます。同一のリキッドでも温度の違いによって生じる異なるフレーバーを楽しむことで、さらにリキッド選びが楽しくなります。さらに温度管理を行うとバッテリーが長持ちするというメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *